あすとホールで2004年から開催しておりますKAJIMA彫刻展は今年で3回目を迎え、期間中は市民の方々をはじめ広く一般の皆様にも多数ご来場いただきました。


KAJIMA彫刻展ではKAJIMA彫刻コンクール入選作品展(開催期間:2008.3/7〜3/28)で実際に展示されていた49点の模型と迫力ある実物作品数点を展示しました。


◆わたしたちが選ぶ『心に響く彫刻作品』コンテスト 結果発表

「わたしたちが選ぶ『心に響く彫刻作品』コンテスト」に多数のご投票をいただき、ありがとうございました。集計の結果、最も人気を集めた作品



第1位
作品番号 H 「 松本 薫 作 Cycle−90『風の余韻』 」に決定いたしました。

≪投票アンケートから≫

・動きの中に小さな宇宙のようなものを感じたから(40代 女性)

・見ていてあきない。無心になれる。予想できない動きが楽しい。多くの人が見る場にあればいいなと思う。(30代 女性)

・動の存在を超える様な微妙な動きが興味深い(60代 男性)



第2位
作品番号20 「 堤 貴雄 作  a DORAYAKI 」

≪投票アンケートから≫

・“いかにも”という感じがおもしろい。(40代 男性)

・本物みたいにおいしそうだから。(10代 女性)

・一番身近に感じたからです。(70代 男性)



第3位
作品番号J 「 山口 義仁 作   天空の青 」

≪投票アンケートから≫

・金属の魅力の引き出し方が素晴らしいです。(20代 女性)

・色の表現と天空に延びる様な形。(40代 男性)

・じっと見ていると心が落ち着く感じがする。(50代 女性)


◆もっとも人気の高かった作品「Cycle−90『風の余韻』」に投票された方々の中から抽選で「神戸摩耶ロッジ ペア宿泊券」などをプレゼント!当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。





戻る
ページトップへ
 
   
Copyright (C)2007 astohall All rights reserved.